訪問稽古、奈良・京都から

平成28年9月10日、11日

こんにちは!加治屋です。

9月10日と11日、奈良と京都からの訪問稽古について書きたいと思います。

奈良と京都と言っても、もともとはカナダからの3人と日本人1人です。

レジさんは奈良から、ランキンさんとバーバラさんは京都から、杉山さんは、京都と奈良の間の田辺市からです。

稽古は、横代体育館ですることにして、時間を作って巌流島でも稽古することにしました。

%e4%bd%93%e6%93%8d

初心者の杉山さんは、太刀勢法の仕太刀まで習った所です。他の3人は、棒の稽古も進めているので、太刀合棒13本の稽古もしました。

%e6%a3%92

レジさんです。一刀の稽古写真ですが、棒での太刀を払う威力は特筆物です。柄から手が外れてしまう程強力です。

reg

杉山さんです。真摯に稽古されています。ずっと続けて行って欲しいですね。

%e6%9d%89%e5%b1%b1

バーバラさんです。巌流島で小太刀の稽古中です。一般的に言って小太刀有利の間合いは、太刀の間合いの内側なので、踏み込みを鋭くする必要があります。

barbara

ランキンさんです。像の前での稽古です。巌流島での稽古は格別の物です。

rankin

季節の良い時期に、泊まり込みで稽古したいですね。