武蔵小次郎まつり


第67回 「武蔵・小次郎まつり」が、開催されました。

IMG_5472

場所は、武蔵顕彰碑のある手向山公園台上です。

IMG_5393

小笠原家の家紋、三階菱です。

慶長17年(西暦1612年)4月13日、関門海峡に浮かぶ舟島という無人の島に相会し、雌雄を決せんとした宮本武蔵と佐々木小次郎。    秘術を尽くして闘うも、武蔵の前に小次郎は敗れ命を落とします。   「武蔵・小次郎まつり」は、剣の道に生きた者の宿命ともいえる対決の刻に思いを馳せ、台上に並び建つ両雄の碑前にその不屈の闘魂を讃えて両者の霊を慰め、その魂の安らかならんことを祈る行事です。

IMG_5395

小笠原家茶道古流未得会では、献茶を行います。

IMG_5396

待機する椅子に移動しているところです。三方のお饅頭と、濃茶、薄茶をお供えします。

IMG_5405

神事が、始まります。普通のまつりと違う所です。

IMG_5415

控えの席から、武蔵顕彰碑へ移動します。

IMG_5419

お饅頭をお供えします。

IMG_5424

お濃茶と、お薄茶をお供えします。

IMG_5429

さらに祝詞奏上が続きます。

IMG_5431

北九州市の北橋市長も来ています。玉串奉奠に続く玉串拝礼です。

IMG_5434

宮本家(伊織)子孫の方。

IMG_5435

小原家子孫の方。

IMG_5436

田原家子孫の方。

IMG_5441

加治屋です。

IMG_5443

手は、ほぼ水平に。

IMG_5442

もう少し、背中が真っ直ぐだといいかも。

IMG_5447

これは、北九州市の新たな試みで、「KITAKYUSHU PRIDE」十番尚武といいます。北九州市が誇る様々な景勝地や魅力を舞台に、武蔵と小次郎が対決します。

IMG_5448

碑の前には、お茶だけではなく、お酒、お花、果物、菓子なども供えられています。

IMG_5459

今回は、久しぶりにお手前をしました。

IMG_5461

釜から柄杓でお湯を汲んでいるところ。

IMG_5462

お茶を点てて出すところ。

IMG_5463

野点傘には、短冊と山野草。

IMG_5466

これは、お茶を頂く側。お手前が済んで、ほっと一息したところ。